※インターンシップ情報は後日公開予定です。

採用担当者からのメッセージ

会社に存在するだけの人在は必要ありません。
「人財」となり、仲間と共に、よりよい地域社会を造り出す事を考えてみませんか?
私たちは、電気、防災、通信の業務で地域に根づいた会社です。

事業内容

・電気設備および通信設備の工事・メンテナンス
・工事(設備の取付、調整、配線など)
・メンテナンス(点検、応急対応など)
設備の設計補助、更新提案、自然エネルギー発電設備の導入相談等も承ります。

企業理念

 電気・通信施工のプロとして、確かな仕事を通じ、安全で便利な社会の実現に貢献する。
 私たちの事業は、電気・防災通信インフラの維持と発展にあります。これらは私たち国民の社会生活に欠かせず、固く結びついています。人が支え合う平和な社会の永続を支えるために、創エネ、省資源の時代を歩み、リードする存在にならなければなりません。
お客様が求める品質には、プロの創意工夫とスピードをもって応え、実現していきます。

企業風土

歴史ある企業ですが、8年前に事業所を引越し、新しい建物で心機一転がんばっています。社内には勤続40年以上のベテランから20代の若手まで幅広い世代がいます。
現場では上下関係の規律が求められますが、社内の懇親時、レクリエーションなどでは、フラットな雰囲気を持っています。

企業特徴/コアコンピタンス

私たち日本海電業(株)は、国土交通省や富山県各市町村の電気設備、通信設備などを幅広く手がけています。そもそもは、創業地である富山県魚津市の地元港で、漁船のバッテリー充電を業としていました。その後の日本の経済成長に伴い、無線や電気設備の需要が高まりました。このような業務で得たノウハウが、住宅の電気工事、タクシーや工事車両の無線などに活かされています。現在は、官公庁のインフラ整備が事業の主流を形成しており、とりわけ「防災」「減災」の現場で重要な役割を果たす「情報通信」への関わりが深まっています。ダム管理設備、高速・国道のトンネル内ラジオ再放送設備に加え、災害時は現場のカメラなどを管理します。施工だけでなくメンテナンスまで任されるには、高度な技術と共に地域密着によって積み上げた信頼関係が欠かせません。さらに、求められる仕事に対し、「この工事には、こういった手法を用いた方が合っている」といったプラスアルファの提案こそが重要なのです。必要とされる企業であり続けるため、技術力、社員力(人財)、組織力の結束を追求していきます。また、太陽光発電システム、小水力発電の新たな事業にも着手するなど、地域に住む方々の心に響く事業を実行できる企業でありたいと日々邁進しています。

企業名 日本海電業株式会社
企業名カナ ニホンカイデンギョウ
設立 1962年03月
資本金
3,000万円
株式 非上場
決算 年1回1月
IR情報 http://www.nihonkai-dengyo.co.jp/
代表者 代表取締役 若林 忠嗣
事業所 <本社>富山市
<支社>魚津市
社員数
62名
平均年齢 47.3歳

History & Vision

1946 創業者他数名で、漁船の電装などを請け負う
1951 当社の前身となる「日本海電業社」が創業
1955 住宅などの電気工事、設計を請け負う
1962 日本海電業(株)を設立
1970 通信、消防の分野に参入。防災通信回線の工事を手がける
1980 ダム監視システム、防災無線など防災インフラ工事を多数手がける
1990 大型スポーツ設備、ガラス等工芸センター設備など新築電気工事を手がける
富山県防災ヘリコプターの導入に合わせ、専用通信回線の工事を行う
2000 国道、河川沿いの光ケーブル、伝送システム工事など、防災情報システムの高速・大容量データ化に関わる
2010 小水力発電や太陽光発電等、新エネルギー事業にも取り組み中

採用職種と具体的な業務内容

営業職
お客様との契約履行に関する営業・営業サポート
技術職
【電気設備】
街灯、トンネル照明、ビル電気設備、自然エネルギー発電設備(太陽光・水力)等の施工・点検・メンテナンス・施工管理及び設計
【通信設備】
防災無線、業務用無線、光ケーブル、ネットワーク機器、気象観測システム等の施工・点検・メンテナンス・施工管理及び設計
一般事務職
総務・経理業務

求める人物像

地域ごとの特性を活かし、住む人の多くが幸せになる道を探ることが、新時代の企業に課せられたミッションといえるでしょう。働くことは給与を得るためだけの行為ではなく、技術を身につけることで自分を助け、そして周りの人を助けることにつながります。個人ではできることが限られても、会社のチームとしてまとまればより多くの人の生活をサポートできます。インフラや防災の仕事はこれまで、日常的に成果が認識されるものではありませんでしたが、今後は社会からの注目が一層高まります。富山の未来のため、ひいては日本の将来のために、たとえば「IT知識に自信がある」「富山の風土や気象に詳しい」「正義感が強く、地域の生活環境を守り続けたい」など、あなた独自のスキルを活かして現場をリードしていただけることを期待しています。

キャリアとポジショニングの可能性

入社してからは事業部での配属となり、担当業務に取り組んで頂きます。
各事業部は下記の様な事業を行っております。

【電気工事部】
街灯、トンネル照明、ビル電気設備、再生可能エネルギー発電設備(太陽光・小水力)等の施工・施工管理・点検・メンテナンス・設計

【無線通信部】
防災無線、業務用無線、光ケーブル、ネットワーク機器、気象観測システム等の施工・施工管理・点検・メンテナンス・設計

上記の中で、技術職の方は設計段階〜現場まで、営業職の方は入札・発注を含む、技術部のサポートを行って頂きます。

キャリアアップのためのサポート

新入社員フォロー研修、フォローアップ研修(資格取得に向けてのフォロー)等

新卒採用実績・予定

2015年4月 文系 [院]- [大学]- [高専・短大・専門]0
理系 [院]1 [大学]1 [高専・短大・専門]0
2016年4月 文系 [院]0 [大学]3 [高専・短大・専門]0
理系 [院]0 [大学]1 [高専・短大・専門]1
2017年4月 文系 [院]0 [大学]0 [高専・短大・専門]0
理系 [院]0 [大学]0 [高専・短大・専門]0

採用実績校

【大学院】
富山大学
【大学】
金沢工業大学、関東学院大学、京都橘大学、芝浦工業大学、湘南工科大学、千葉工業大学、東海大学、東京理科大学、富山大学、富山県立大学、日本大学、拓殖大学等
【短大・高専・専門学校】
富山高等専門学校(旧:富山工業高等専門学校)

待遇と勤務

初任給 (16/04予定:基本給のみ)
【技術職】
大学院(修士):210,000円
大学卒:194,000円
高専卒:186,000円

【営業職】
大学卒:194,000円
高専卒:186,000円

【一般事務職】
大学卒:168,000円
短大卒:155,000円
諸手当 通勤交通費、皆勤手当、住宅手当、資格手当
休日 年間休日:115日程度(週休2日制)
休暇 GW休暇(例年5日間程度)、夏期休暇(4日程度)、年末年始(6日間程度)
勤務時間 08:00〜17:00
勤務地 魚津市、富山市
出身地域の限定 なし
その他 福利厚生として、社員旅行、新年会、花見会等を実施。
退職金制度(勤続6年以上の方が対象)

採用窓口

お問い合わせ 日本海電業(株) 魚津支社 総務部 藤村(フジムラ)
〒937-0801 富山県魚津市宮津238-1
TEL:0765-24-0577
FAX:0765-24-9609
MAIL:fujimura.y@nihonkai-dengyo.co.jp
メールアドレス fujimura.y@nihonkai-dengyo.co.jp
交通アクセス 【お車の場合】
魚津ICより5〜10分。
【公共交通機関の場合】
あいの風とやま鉄道「魚津駅」より
市内バス6番線「坪野ルート」乗車、「コメリ前」下車

【マップはこちら】

職種ごとの採用予定

営業職

[採用対象]大学院、大学、高専

[採用人数]1

[採用学科]全学部全学科

技術職

[採用対象]大学院、大学、高専、短大

[採用人数]2

[採用学科]電気電子・通信関連の学部学科

一般事務職

[採用対象]大学、高専、短大

[採用人数]1

[採用学科]全学部全学科

採用スケジュール

全体の流れ

12月 上旬 〜  チャレンジ・エントリー受付開始


3月 上旬 〜  本エントリー受付開始


3月 上旬 〜 4月 下旬  会社見学会(説明会)


5月 上旬 〜  選考試験


6月 上旬 〜  内定通知

エントリー 随時受付中!
セミナー
会社訪問
選考会
選考開始時期 2016年5月より
内定開始時期 2016年6月より

応募と選考

提出書類 履歴書、成績証明書、卒業見込み証明書
選考方法 筆記試験(30分程度)、面接試験(2回程度)

就職活動履歴はログイン後、表示されます。


ユーザーID・パスワードをお忘れの方
新規会員登録はこちら