大学4年・院2年、高専5年・専攻科2年、短大・専門2年、既卒者のための就職サポートサイト

IBACCareer Web 2018

就活FAQ

選考編


Q:志望動機は何から書き始めたらよいか?

志望動機のいくつかのパターンを紹介します。
1.企業の魅力=業界のリーダー、成長が著しい、地域社会に貢献している、顧客志向、
  企業理念のすばらしさ、環境等に対する社会的責任への姿勢、OBからすばらしさをお聞きした、
  スキルを磨ける、成長できる職場

2.人の魅力=採用担当者の人柄、社長の表情、営業マンのやる気、尊敬できるOBの存在

3.業界の魅力=人々の生活に欠かせない仕事、日本を牽引する産業

4.従事する仕事=学校で専門的に学んだことを生かせる、小さい頃からの憧れ、
  やりがいがある、人と接する仕事が好き

5.地域社会=ここが好き、生まれ育った地域に恩返しがしたい、親孝行したい

どこに行っても通用する志望動機は“職場、組織”です。会社説明会に出てみて(HPを見て、
友人から聞いて、会社訪問をしてみて、フォーラムで会って、御社に勤める人を街で見かけて、
あなたと出会って)、「この人たちと一緒に仕事をしてみたいと思いました」、
「この人たちとなら、どんな仕事であろうと自分を伸ばすことができるのではないかと確信しました」
と言えば、相手はそれで納得せざるを得ないのです。理屈の世界でなく感性の世界ですから・・・。
ただし、感性の世界ゆえに、相手に納得してもらう重大な関門があります。
それは、ご自身が心底「この人たちと一緒に仕事をしてみたい」と思えるかどうかです。
ここでのウソは100%見透かされると思ってください。

相手にもご自身のことを好きになってもらうためには、もう一つ心底思うべきことがあります。
それは「この会社は自分を幸せにしてくれるか」オンリーでなく、
「この会社で自分は幸せになれるか」+「この会社を自分は幸せにできるか」という視点です。
「共に育つ」という気持ちを持つことです。ここが成否をわけるポイントです。
大学名でもなく、資格取得状況でもなく、口が達者だからでもなく、
働くということに対する思いです。思いだけと言っても言い過ぎではないと思います。