大学4年・院2年、高専5年・専攻科2年、短大・専門2年、既卒者のための就職サポートサイト

IBACCareer Web 2018

就職活動メールマガジン Biweekly IBAC

最近の配信

2017/11/20号 「卒業・入社に向かっての準備(2)」
2017/11/06号 「卒業・入社に向かっての準備(1)」
2017/10/16号 「時には、思い切った「方向転換」をしてみよう」
2017/10/02号 「秋採用を行う企業と出会うには?」
2017/09/20号 「なかなか内定が出ず、次年度以降への就職活動継続を決めた方へ」

すべてのバックナンバーを見る

 

2017/11/06号 卒業・入社に向かっての準備(1)

INDEX

【1】卒業・入社に向けての準備について考えてみましょう
【2】卒業に必要な単位を今一度確認しましょう
【3】試験やレポート対策をしっかりと!
【4】IBAC お薦め本 「発想法−創造性開発のために」

【格言】

「時」の歩みは三重である。未来はためらいつつ近づき、 現在は矢のように速く飛び去り、過去は永久に静かに立っている。 −フリードリヒ・シラー(ドイツの詩人)


【1】卒業・入社に向けての準備について考えてみましょう

秋も深まり、肌寒さを感じる季節となりました。
地域差もあるかと思いますが、みなさんのお住まいの地域ではいかがでしょうか。
急な気温の低下で体調を崩されないよう、お気を付けください。

さて、今月と来月の「Biweekly IBAC 2018」では、
「卒業・入社に向かっての準備」と題し、これから春の新生活に向けて
準備しておくべきことや、考えていただきたいことについてお伝えします。

第一回目の今回は、「卒業単位・試験やレポート」についてです。

【2】卒業に必要な単位を今一度確認しましょう

最終学年ともなると、前年までに卒業に必要な単位をほとんどそろえ、
授業はめっきり少なくなった、という方が多いと思いますが、
今一度、自身の取得単位と、卒業に必要な単位を照らし合わせて確認してみましょう。

もし、今期の単位をとりこぼしてしまうと卒業が危うい、という方は、
万が一…ということのないよう、今期の単位取得に向けて対策を怠らないようにしてください。

せっかく、企業から内定をいただいていても、
卒業ができなければ元も子もない、ということはみなさんも重々承知のことと思います。

単位や履修について不明点や不安がある方は、
一度、大学の学務担当の事務室に相談してみるのも手です。
卒業前に、不安要素は早めにつぶしておきましょう。

【3】試験やレポート対策をしっかりと!

単位取得のために必須なのが、期末試験や期末レポートの対策です。
自分が受講している授業の期末評価は、試験なのか、レポートなのか、
どういった出題形式なのか、どういったテーマなのか、ということが分かり次第、
早めに対策を進められるとよいですね。

試験の出題範囲やレポートのテーマは、
期末間際にならないと発表されないかもしれませんが、
期末評価の方法や期末評価の割合(試験:何パーセント、出席:何パーセント、など)
は、シラバスに記載があるはずです。

期末評価が「試験」なのか、「レポート」なのかが分かるだけでも、
どれだけの時期から動き出すべきか目途を立て、スケジュールを立てる目安になるはずです。

スケジュールの立て方のポイントについては、以前の「Weekly IBAC 2018」でも
紹介していますので、確認してみてください。

▼7/3配信 「忙しい時期こそ、しっかりとスケジューリングを!」
https://www3.ibac.co.jp/2018/useful/wi_document.jsp?CATEGORY=W&vol=65

早め早めの対策で、学生の本分である学業で有終の美を飾ることができるよう、
取り組んでいきましょう!

【4】IBAC お薦め本 「発想法−創造性開発のために」

著者名:川喜田 二郎
出版社:中央公論新社
金額:778円
著者は創造的問題解決のための発想法の一つ、
「KJ法」を編み出したことで知られる人物です。

本書は仕事上チームワーク強化や意味のある会議の運営方法、問題要因分析など、
多くの場面で用いられています。
理論重視の本書と、より具体的な応用を説明した続編も
併せて読んでみるとより理解が深まるでしょう。

https://www.amazon.co.jp/dp/4121801369/