大学4年・院2年、高専5年・専攻科2年、短大・専門2年、既卒者のための就職サポートサイト

IBACCareer Web 2018

就職活動メールマガジン Weekly IBAC

最近の配信

2017/12/18号 「卒業・入社に向かっての準備(4)」
2017/12/04号 「卒業・入社に向かっての準備(3)」
2017/11/20号 「卒業・入社に向かっての準備(2)」
2017/11/06号 「卒業・入社に向かっての準備(1)」
2017/10/16号 「時には、思い切った「方向転換」をしてみよう」

すべてのバックナンバーを見る

 

2017/07/03号 忙しい時期こそ、しっかりとスケジューリングを!

INDEX

【1】就職活動も、今月が折り返し地点です
【2】就職活動と大学生活両立のキーポイント「スケジューリング」
【3】スケジューリングのポイントをお伝えします!
【4】IBAC お薦め本 「入社1年目の教科書」

【格言】

上手く使えば、時間はいつも十分にある。 −ゲーテ


【1】就職活動も、今月が折り返し地点です

2017年も早いもので、今月から折り返し地点ですね。

動き出しの早い企業は、
年明け前から採用活動を開始しているところも見受けられましたが、
今月で多くの企業の採用活動が一段落するタイミングかと思います。

学生側としては、内定を獲得し就職活動は一段落しているという方、
これから最終面接に臨む!という方、さまざまかと思います。

今回は、就職活動と大学生活両立のキーポイントとなる、
「スケジューリング」について、今一度考えてみましょう。

【2】就職活動と大学生活両立のキーポイント「スケジューリング」

就職活動のラストスパートに向けて、スケジュールも心持ちも何かとざわつく夏ですが、
7月は、大学生活もバタバタしがちです。

就職活動や卒業研究に加えて、定期テストやレポート提出と、
最終学年の夏は、これまでよりも忙しくなるのではないでしょうか。

このようなタイミングでの急な予定変更が多くなる一方、
多忙になればなるほど、スケジューリングを後回しにしてしまいがちになるものです。

早めに定期試験準備をできず、毎年毎年試験前はバタバタ…という方、
今年こそ、社会人になる前に「スケジューリングのできない自分」から卒業できる
絶好のチャンスです!

長期休暇前の定期試験やレポート提出に向けてという意味ではもちろん、
「社会人になるための、今からできる訓練」という意識でも、
ぜひ7月早めの今のうちに、今月のスケジュールを立ててみましょう。
この夏をうまく活用して、社会人生活をスムーズに始めたいものですね。

【3】スケジューリングのポイントをお伝えします!

「スケジュールを立てよう」といきなり言われても、
今までできていなかったのに、そう簡単にできるはずがない!というあなたに、
スケジューリングのポイントをお伝えします!

スケジューリングに苦手意識がある方は、まず下記の2つをやってみましょう。

(1)やることの締切を確認する or 完了日を設定する
(2)締切や完了日までにやらなければいけないことをさらに細かく書き出す

よく「予定を最後から逆算してスケジュールを立てろ」と耳にしますが、
スケジュールを立てるのが苦手という方は、
上記ポイントの(1)か(2)ができていないことが多いです。

(1)ができていない人は、「予定を最後から逆算して〜」の
「最後」がそもそもいつなのかわからない、
(2)ができていない人は、締切や完了日までに何をすればいいのかがわからず、
スケジュールに入れられない、というわけですね。

レポート作成にしても、定期試験対策の勉強にしても、
まずは、「締切・完了日」の設定と、やるべきことの書き出しをしてみましょう。

次に、すでに日程が決まっている企業の説明会や面接などの、
就職活動の予定をスケジュールに入れましょう。

やらなければいけないことと、すでに決まっている就職活動の予定を
目に見える形として書き出すことによって、
定期試験やレポートの準備も、締切や完了日に間に合わせるためには、
いつまでに何を対応しなければいけないかが自明になるはずです。

しっかりとスケジュールを立てて、就職活動や定期試験、レポートを乗り越え、
晴れやかに夏休みを迎えましょう!

【4】IBAC お薦め本 「入社1年目の教科書」

著者名:岩瀬 大輔
出版社:ダイヤモンド社
金額:1,543円
本書は社会人として身につけておきたい原則と、
仕事における具体的な方法が紹介されています。
基本中の基本のことが書いてありますが、基本ができていない自分に気づくことができます。
入社1年目はとにかく学び、技を盗め!というメッセージが強く、
社会に出てさらに成長したい!と思える本ですので
現在学生の方にも読んでいただきたい一冊です。

https://www.amazon.co.jp/dp/4478015422/