就職活動メールマガジン Weekly IBAC

最近の配信

2017/08/07号 「帰省と来春の準備について考えてみましょう!」
2017/07/31号 「夏から秋にかけての過ごし方を考えてみましょう」
2017/07/24号 「お盆前後が狙い目!追加募集をする企業が増えます」
2017/07/18号 「卒業までの自分のスケジュールを確認しよう」
2017/07/10号 「「最後の夏休み」をどのように過ごしますか?」

すべてのバックナンバーを見る

 

2017/08/07号 帰省と来春の準備について考えてみましょう!

INDEX

【1】いよいよ夏休み!
【2】「帰省」することでできること
【3】夏休みにできる、社会人になるための準備
【4】IBAC お薦め本 「脳にいい24時間の使い方」

【格言】

時間を浪費するな、人生は時間の積み重ねなのだから。 −ベンジャミン・フランクリン


【1】いよいよ夏休み!

学生生活最後の夏休みに突入となり、
どんな日々を過ごすか心待ちにされている方も多いかもしれませんね。

今回のテーマはずばり「帰省中のおすすめの過ごし方」です。

夏に「実家」にいるからこそできる、社会人になるための準備や、
帰省する大事さについて、改めて紹介します。
一人暮らしをしている方はもちろん、実家から大学へ通っている方も、
ぜひご一読ください。

【2】「帰省」することでできること

みなさんは夏に帰省をすることのメリットは何だと思いますか?

一人暮らしをされている方は、やはり日頃あまり会うことができない
ご家族や地元の友達に会えるということでしょうか。

楽しそうなことがいろいろと思い浮かんできそうですが、
就職サポートをしているアイバックのおすすめの過ごし方は

・あらためて、ご家族と就職先について話してみる
・他業種、他業界へ就職する人と話してみる
・後輩に就職活動について教えてあげる

などです。

ポイントは、自分だけで時間を過ごすのではなく、
就職活動で学んだこと・考えたことを、教えたり分かち合ったりすることです。

就職活動中の方も、すでに終えられた方も、自分の気持ちや思いを整理するためには
言葉にしてみたり、いろんな人の意見を聞いたりすることが大切です。

普段なかなか会えない人と会い、コミュニケーションをとることで、
自分が成長した点や相手の成長した点などにも気づけ、
よい発見があるかもしれませんね。

【3】夏休みにできる、社会人になるための準備

夏休みにできる社会人になるための準備としては、
下記が挙げられるのではないでしょうか。

・実際の通勤ルートで就職先に行ってみる
・人事の方に会ってみる
・引っ越す際に必要なものや不要なものをリストアップしてみる

入社日になって、○○を準備しておけばよかった、○○について聞いておけばよかった、
意外と通勤に時間がかかって遅刻寸前だった、などつまずかないためにも、
事前にできることは聞いてみたり実際に経験してみたりすることが大切です。

来春から新生活が始まる方は、欲しいものをすぐに買うのではなく、
自分の部屋や実家にあるものを確認してみて、できるだけ無駄遣いを無くせるよう
意識してみると良いですね。

ご自身のやりたいことと、やるべきことのメリハリをつけて
有意義な夏休みをお過ごしください!

【4】IBAC お薦め本 「脳にいい24時間の使い方」

著者名:菅原 洋平
出版社:フォレスト出版
金額:1,512円
作業療法士を職業としている著者が、「時間医学」の科学的根拠を基にして、
最高のパフォーマンスを発揮するための方法を教えます。
起床してから就寝するまで、時間帯によってあなたの得意分野が変化していくのです。
脳と体のスケジュールを知り、効率的に1日を過ごしていきましょう。

https://www.amazon.co.jp/dp/4894517299