就活FAQ

企業研究/自己分析編


Q:自己分析とは?

そもそも自己分析とは何かというと「自分がどんな人間であるかを相手に分かりやすく伝える」
ために行うものであって、あれこれと自分自身を分析してみることではありません。
自己分析に関してはさまざまな本やサイトがあり、
そこには「自己分析→適性が分かる→業界・職種の決定」と書かれています。
しかし、こういったことに学生の多くが違和感を感じているからこそ
「自己分析は苦手、やりたくない、でも自己分析をやらないことには始まらないらしいし・・・」
という風に悩むのではないでしょうか。

“就職観(職業観)”は誰にでももともと備わっているものではありません。
ほとんどの人が就職活動を始める時期になって初めて「働くということ」をリアルに考えるようになるのです。
就職活動を始める前に業種や職種を絞らなければと思うとつらいですが、
就職活動を通して自分の職業観を形成していくのだと思えば、気が楽になりませんか?

職業観は刻々と変化していきます。
特に、企業の方と直接的な関わり(説明会や面接等)を持つようになると、
「なるほど、企業とはこんな人たちによって動かされているのか」、
「この人たちとなら一緒に働きたいな」ということが実感できるようになります。
ですから、まずは、先入観を持たずに幅広くエントリーし、
「自分にはどんな企業が向いているのだろう?」ということを、就職活動を行いながら考えるようにしましょう。

仮に活動早期に受けた適性判断での「A業界に向いている」という結果を信じ、
A業界のセミナーにずっと参加し続けた場合、どうなるでしょう?
世の中には数え切れない業種が存在するにも関わらず、
自ら選択肢を極端に狭めてしまうことになるのです。
また、「もうA業界の企業を20社も受けたのにいまいちピンとこないなぁ」・・・という状況に陥るのは
明らかです。

就職活動は、足を使って行うものです。机に向かって黙々行うものではありません。
“自己分析”の前に、就職部へ行く、OB・OG訪問を行う等、生きた情報をどんどん集めていきましょう。