就職活動Info

今週のPICK UP

今お届けしたい情報をお伝えします。(毎週月曜日更新)

    説明会ではありますが、選考の一部として考えてもよいものです。
    採用担当者に見られている意識をもち、時間を守る、しっかりと挨拶をする、
    身だしなみを整えるなど、基本的なマナーに注意しましょう。
    万が一に備えて、事前に当日の連絡先も確認しておくことをおすすめします。

    会社説明会では、HPや合同企業説明会では知ることができない、
    その企業の詳しい情報を聞くことができるチャンスです。
    しっかりと話を聞き、メモを取ることが大切です。
    また、実際に会社に訪ねるので、会社までのアクセス、
    会社の雰囲気等の気づきもメモしておくと良いでしょう。


    種類として主なものを3つ紹介します。
    ぜひいくつかの手帳を見比べて、ご自身が使いやすい手帳を選んでください。

    ・月間マンスリータイプ
    カレンダーと同じ形式で、1日1マスが割り当てられています。
    1ヶ月の予定を見開きで確認できる点が便利です。
    長期間のスケジュールを把握したい人におすすめです。

    ・週間バーチカル/ホリゾンタルタイプ
    見開きで1週間の予定を確認でき、1日1列が割り当てられています。
    バーチカルは縦方向に、ホリゾンタルは横方向に時間軸があり、
    時間ごとのスケジュール管理がしやすいです。
    1週間の予定を時間軸でしっかりと管理したい人におすすめです。

    ・週間レフトタイプ
    見開きの左側が1週間の予定、右側がフリースペースとなっています。
    1週間の予定をざっくりと把握し、フリースペースで自由に書き込みができるので、
    詳細を書き込みたい人におすすめです。

    手帳にはビジネスマン向けのシンプルさや機能面を売りにしたもの、
    PCやスマートフォンとの連動を可能にしたもの、
    もちろん可愛らしいキャラクターを用いたものまであります。

    最近では、スマートフォンやパソコンのアプリでスケジュールを管理をする方も増えてきています。
    しかし、ビジネスシーンではまだまだ人前でスマートフォンにメモをすることは
    失礼とみられる場合が多いようです。

    予定を確認でき、書き込める手帳を1冊準備されることをおすすめします。
    説明会や選考に関わる予定が増え、日々予定が入ったり、変更になったりと
    都度チャンスを逃さないためにも予定管理が肝心となります。


    メールチェックと同時にスケジュールに入れることが大切です。

    企業や就職ポータルサイトから届くメールの中には、ほとんどの場合、
    「○月○日に合同企業説明会を行います」「○月○日にセミナーを行います」
    といった情報が記載されています。

    少しでも気になる予定があれば、この説明会に参加するか否かの判断は後回しにし、
    ご自身の手帳やカレンダーにメモすることをおすすめします。

    決まった予定だけを手帳に記載するのではなく、
    「未定ではあるが気になる予定」も一緒に記載しておくことがポイントです。

    上記を繰り返しているうちに、メールやWebから情報を集めることと、
    それらを自分自身のスケジュールとして落とし込んでいくことが
    だんだん上手になってきますので、ぜひ、実行してみてください。