就職活動Info

交通費に一番お金がかかるでしょう。
「何回ほど就職活動地域へ赴くか」や「どのような交通手段を使うのか」
によって大きく変化します。

アルバイトをしたり保護者の方に援助を願い出たりなどして、
事前にある程度の資金を確保しておきましょう。

また、学校で「学生・生徒旅客運賃割引証」
(鉄道の学生割引乗車券を買うために必要な証明書)が発行できたり、
自治体によってはU・Iターン就職活動の学生のための
交通費助成補助金が出る制度があったり、ということもあります。

なるべく移動の回数を減らせるように
選考の日時を調整してもらうなどして1度の滞在で効率よく選考を受けるとよいでしょう。

その他就職活動にかかるお金については、
「Q:就職活動は何にお金がかかる?」にも記載していますのでご確認ください。

主にかかるお金は就職活動準備品・交通費・宿泊費です。

(1)就職活動準備品
・スーツやカバン、時計など身に付けるもの
これは一度購入すると長く使えるので、就職活動前に準備しておきましょう。

・履歴書、封筒、証明写真、提出書類
こちらは何十枚も必要となります。
学校指定のもがあればまとめて購入しておくとよいでしょう。
また健康診断書、成績証明書など学校によってはお金がかかります。

(2)交通費・宿泊費
・交通費
一回にかかるお金が大きいため、何往復もしなくていようにうまくスケジュールを立てましょう。
企業によってはスケジュールに融通をきかせてくれるところもありますし、
数は少ないですが、中には会社説明会の時から交通費を出してくれる場合もあります。
(一般的には、内定後の集いから交通費を出す、というところが多いです)

・宿泊費
必要最低限の出費で済むようにしましょう。
早めの予約がおすすめです。

就職活動を行う地域によって異なります。

就職活動を行う地域は、大きく以下の2つに分けられます。

@現在の居住地域と就職活動地域が同一または近隣地域
・電車移動:1,000円〜2,000円/日
・車移動:3,000円〜4,000円/月

AUIJターンのため、現在の居住地域と就職活動地域が離れている
・新幹線往復:10,000円〜30,000円/回
・現地での移動:電車1,000円〜2,000円/日

Aの方は@の方に比べ移動費がかかるだけでなく、宿泊費が発生する場合もあります。
長期のインターンシップに参加する場合などは、宿泊が必要になるため、
事前に費用の用意が必要になるでしょう。

資金支援があるインターンシップや会社訪問会などもあるので、
開催情報を調べるとよいでしょう。

    

PICK UP

今チェックしたい内容をお伝えします。

詳細はこちら




Favorite

気になる記事、よく見る記事をお気に入り登録して就職活動に役立てましょう。

お気に入り登録した記事を見る