就職活動Info

学生のみなさんが一定期間、企業の業務を研修生として従事し、就業体験をする制度です。

お互いのミスマッチを解消していくための手段としての効果が期待されており、
学生にとっては、今後就職することを考えた場合、在学中に就業体験をすることで
職業観の明確化や就職意識の高揚につながり、
企業にとっても、企業PRの強化や人材確保のため、
コミュニケーションのあり方のヒントを学生から得る等のメリットがあります。

インターンシップに参加するメリットの一つとして、
いち早く自分に合った企業・業界を探すことができる点が挙げられます。
特にこの場合「いち早く」という点が大きなポイントです。

例えば、映画の試写会を想像してみてください。
決められた公開日よりも前に、「いち早く」本編の内容を知ることができ、
得をした気持ちになる方もいると思います。

インターンシップへの参加も同様で、その企業・業界についての理解を早い段階から進めることができ、
並行して自分自身の価値観を洗い出していく中で、前向きに就職活動を進めていくための
大きな一歩となるのではないでしょうか。

大きく分けて、以下の3つのスタイルがあります。

1.就業体験型
社員の横で、実際に仕事を体験しながら学んでいくスタイル。
1週間以上体験するものが多く、業界研究や社員との関わりは深くなるが、
企業側の受け入れ人数が少ないなど、実際の制約が大きいケースもある。

2.ワークショップ型
新しい製品・サービス開発等の体験、または、実際の仕事をシミュレーションして
自社もしくはお客様の課題解決に取り組むスタイル。

3.セミナー・企業説明会、工場見学会型
業界・職種・企業説明を実施し、その後の研究に活かすことができるスタイル。
1日〜2日ほどで体験できるものが多く、比較的簡単に参加できるが、
企業理解度という点では就業体験型等と比べると浅く終わるケースもある。

どのスタイルにもそれぞれの特徴がありますので、
タイミングや参加可能な時期に合わせて、 幅広く体験してみるとよいでしょう。

就活ナビサイトや企業のホームページから申込み方法を確認しましょう。
申込む際は、実施日時や期間、応募資格もよく確認して応募しましょう。

応募時に書類の提出を求められることもあります。
応募条件を早めに確認し、必要書類は事前に準備して申込みましょう。

また、学校によっては単位認定型インターンシップを実施しています。
これはインターンシップに参加することで、単位取得ができるという制度です。
実施がないか確認してみましょう。

3年生もしくは大学院1年生の夏休みに実施する企業が多く、期間は1週間程度のものが主流です。
ただし、近年では1Dayインターンシップや企業見学会、先輩社員との座談会等、
様々なバリエーションのものも生まれており、冬休みや春休みに実施するなど時期も多様化していますので、
就職情報サイトや企業のホームページをこまめにチェックしてみましょう。

まずは自分が応募できるかどうか、確認しましょう。
学年や学科などの応募条件がないものがほとんどですが、
中には専門知識を必要とするプログラムもあり、参加学生が限定されるケースもあります。
また、なぜそのプログラムに参加したいのか、理由を明確にしておきましょう。

「仕事の内容がわからないので、知りたい」でもいいです。
理由を明確にすることで積極的な姿勢でインターンシップに取り組むことができます。
参加が決まったら企業研究は十分に行いましょう。

まずは、本当に実施していないのか確かめるために、電話やメールで確認してみましょう。
問い合わせをしてみると、参加できるケースも意外に多くあります。
また、同じ業界でインターンシップ募集をしている他の企業を探し、参加してみてもよいでしょう。
仕事の概要や日々の業務内容等を掴める可能性があります。

並行して、IBAC Career Webやキャリアセンターを通じて、
志望企業の新しいインターンシップ日程が公開されていないか、定期的に情報収集をしていきましょう。
ただ、社風=会社の雰囲気に関しては、企業ごとに異なります。
直接接触することが、社風を知る一番の近道になりますので、
インターンシップ参加後にフォーラム等で他の企業とコミュニケーションを取り、
志望企業と比較してみることをお勧めします。

問題はありませんが、自分が興味のある企業の
インターンシップに参加することを優先しましょう。

友人との参加ではグループワークでは同じグループを組んだり
一緒に行動しがちです。
雑談をしてしまうなど、緊張感のない態度をとってしまわないよう注意しましょう。

また、参加選考があるインターンシップの場合、
どちらか一方だけが選考を通過する可能性もあります。
それをふまえて同時期に応募するか検討しましょう。

業界や企業、実施期間、プログラムに注目して選ぶとよいでしょう。

・業界や企業から選ぶ
→興味がある業界や企業があるという人は、そこから選ぶとよいでしょう。
 ただしできるだけ複数の業界を見ておく方が、比較検討する材料が増えるのでおすすめです。

・実施期間から選ぶ
→インターンシップは短期のものから長期のものまで実施期間が様々です。
 学校の講義との兼合いなども考え、参加を検討するとよいでしょう。

・プログラムから選ぶ
→インターンシップを通してどのような力を身につけたいかを考えてみましょう。

メモをまとめ、整理する時間をとりましょう。
会社説明会やインターンシップなど、参加するたびにメモが増えますよね。
大切だと思うことを中心にメモをとっているはずですので、メモが散乱し、
どこに何が書いてあるのか、どの企業のことが書いてあるのかわからないとなるのはもったいないことです。

なるべく記憶の新しいうちに整理し、疑問点は企業に質問するなどして解消できるとよいでしょう。

(メモ整理例)
○○株式会社
<研修制度>

<福利厚生面>

    

PICK UP

今チェックしたい内容をお伝えします。

詳細はこちら




Favorite

気になる記事、よく見る記事をお気に入り登録して就職活動に役立てましょう。

お気に入り登録した記事を見る