就職活動Info

どういった点で迷っているのか明確にしましょう。

仕事内容であれば、内定先企業の社員から具体的な仕事内容を伺うなどして、疑問をなるべく解消しましょう。
通勤時間などの、仕事内容以外での迷っている場合は、内定先企業の人事担当者や
保護者の方などと相談することをおすすめします。

また、アイバックでも相談を受け付けておりますので
お気軽にお問い合わせください。

▼就職活動に関する相談メールを送る
https://www3.ibac.co.jp/2022/regist/top.jsp

どのような仕事をしたいのか、どのような働き方をしたいのか改めて考えてみましょう。

例えば、一口に「営業」といっても、「ルートセールス」か「新規開拓営業」かなど
その会社によって、仕事内容や働き方は大きく異なります。
自分が本当にやってみたい仕事なのか、あるいはやれそうな仕事なのかをよくよく考えてみましょう。

また、5年後、10年後の自分、定年退職後の自分など、
将来の自分をできるだけ具体的にイメージすることも大切になってきます。
イメージすることが難しい場合は、家族や保護者の方など身近な社会人から
働き方や生き方について話を聴いてみたり、相談したりするのもよいでしょう。

また入社するか迷っていたり、不安なことがある場合は、
直接企業に尋ねたり、OB・OG訪問や内定者懇親会などで
実際に働く方の話を聞いたりして決めるのもよいでしょう。

最終的には、多くの場合「その企業の人たちと一緒に働きたいか」という理由や
その企業の「理念」や「社風」が自分に合うのかという視点で企業を決める方が
失敗は少ないように思います。

内定承諾書を提出することで「貴社に入社します」という意思を伝えることになります。
書類自体は簡単なもので、みなさんの名前、住所の記入と捺印で済むものがほとんどです。

提出した後でも就職活動を続け、内定を辞退することは可能です。
しかし、内定辞退は場合によっては選考を受けた企業、通っている大学の双方に
迷惑をかけることになります。

そういった事態を避けるためにも、入社にあたり迷っている事があったり、
まだ他社の選考を受けている場合であれば、まずは提出を待ってもらえないか確認してみましょう。

できるだけ参加しましょう。

人事担当者は、継続的に内定者と連絡を取りたい、と思っている可能性があります。
内定者懇親会で入社までのスケジュールや課題などについての連絡がある場合もあります。
内定企業が遠方で参加が難しい場合は、その旨を人事担当者に伝えましょう。

内定者研修などがある場合は、今後のスケジュールについて確認し、
不明点があれば早めに質問をして解決しましょう。

自分自身が内定先の企業についてわからないことがあるということは、
他の内定者も同様に考えている可能性があるので、
内定者懇親会に参加し、率先して人事の方と連絡を取ったり、
他の内定者と情報共有をしたりすることをおすすめします。

    

PICK UP

今チェックしたい内容をお伝えします。

詳細はこちら




Favorite

気になる記事、よく見る記事をお気に入り登録して就職活動に役立てましょう。

お気に入り登録した記事を見る