就職活動Info

どのような仕事をしたいのか、どのような働き方をしたいのか改めて考えてみましょう。

例えば、一口に「営業」といっても、「ルートセールス」か「新規開拓営業」かなど
その会社によって、仕事内容や働き方は大きく異なります。
自分が本当にやってみたい仕事なのか、あるいはやれそうな仕事なのかをよくよく考えてみましょう。

また、5年後、10年後の自分、定年退職後の自分など、
将来の自分をできるだけ具体的にイメージすることも大切になってきます。
イメージすることが難しい場合は、家族や保護者の方など身近な社会人から
働き方や生き方について話を聴いてみたり、相談したりするのもよいでしょう。

また入社するか迷っていたり、不安なことがある場合は、
直接企業に尋ねたり、OB・OG訪問や内定者懇親会などで
実際に働く方の話を聞いたりして決めるのもよいでしょう。

最終的には、多くの場合「その企業の人たちと一緒に働きたいか」という理由や
その企業の「理念」や「社風」が自分に合うのかという視点で企業を決める方が
失敗は少ないように思います。

内定承諾書を提出することで「貴社に入社します」という意思を伝えることになります。
書類自体は簡単なもので、みなさんの名前、住所の記入と捺印で済むものがほとんどです。

提出した後でも就職活動を続け、内定を辞退することは可能です。
しかし、内定辞退は場合によっては選考を受けた企業、通っている大学の双方に
迷惑をかけることになります。

そういった事態を避けるためにも、入社にあたり迷っている事があったり、
まだ他社の選考を受けている場合であれば、まずは提出を待ってもらえないか確認してみましょう。

まず、その企業に入社するか否かを検討しましょう。

他にも内定をもらった企業がある場合は、どちらに入社するのか慎重に判断しましょう。
内定をもらった理由を聞いてみると、入社するか判断する材料になります。

他に内定をもらった企業がない場合は、就職活動を続けるのか
就職活動を終了とするのか判断することになります。

また、内定を獲得したことを大学のキャリアセンターなどに報告しましょう。
入社に迷う場合は相談してみるとよいでしょう。

就職は将来を大きく左右する決断になります。
よく考えた上での内定辞退ならば、ほとんどの企業は
すんなりと受け入れてくれるでしょう。
よく悩み、よく考えて自分が納得できる道を選んでください。

    

PICK UP

今チェックしたい内容をお伝えします。

詳細はこちら




Favorite

気になる記事、よく見る記事をお気に入り登録して就職活動に役立てましょう。

お気に入り登録した記事を見る