就職活動Info

下記のポイントを意識してみましょう。

(1)「やるべきこと」の締切を確認する or 完了日を設定する
(2)締切や完了日までにやらなければいけない作業を細かく書き出す
(3)やらなければいけない作業に優先順位をつけ、
「どうしてもやらないといけない作業」と「できればやりたい作業」にわける
(4)優先順位の高い作業からスケジュールに落とす

まずは、締切を設定することによって「やるべきこと」の「やれる」範囲、つまり品質が決まってきます。
そもそもどんな作業が必要なのかについて確証が持てない時や、優先順位づけに迷う時は、
周囲の方に相談してみたり、webで検索してみましょう。
何かしらのヒントが得られるはずです。

授業のレポート作成にしても、卒論・卒研にしても、
まずは、「締切・完了日」の設定と、やらなければいけない作業の書き出しをしてみましょう。

やらなければいけない作業と、すでに決まっている予定を目に見える形として書き出すことによって、
締切や完了日に間に合わせるためには、いつまでに何を対応しなければいけないかが明確になってきます。

しっかりとスケジュールを立てることは社会人としてとても大切なことかつ基礎的なこととなってきます。
今から習慣づけておきましょう。

卒業必修単位を中心にカリキュラムを組むのがよいでしょう。

就職活動が始まると講義に出席できないこともあります。
就職活動が始まる前に、なるべく卒業必修単位を取得しておくことをおすすめします。

また、卒業必修単位の講義でなくても、興味が持てる講義があれば受講し、
見聞を広げることをおすすめします。

今一度、卒業単位が不足していないことを確認しましょう。
万が一、卒業単位が不足している場合は
卒業までにどの講義を取ればよいかなど、学務課などへ行き相談しましょう。
不安要素は早めに解決しておきましょう。

また、興味が持てる講義があれば
卒業必須単位でなくても受講することをおすすめします。
学生のうちに見聞を広げておくことも必要です。

一番は読書です。時間のあるうちに様々な本を読むことをおすすめします。

また、ある程度まとまった時間を確保できるうちにしかできないこともあります。
勉強や旅行、アルバイトなどやりたいことをするのがよいでしょう。
アルバイトは社会生活のよい経験になります。

また、生活リズムは学生のうちに整えておきましょう。
社会人になってから急に生活リズムが変化すると、体調を崩す原因にもなります。

羽目を外し過ぎず、悔いのない学生生活を送ってください。

スーツや袴などの準備をしましょう。

男性は最低限スーツ一着があれば卒業式に臨めますが、
女性は袴やドレスなどをレンタル・購入するなど事前に準備すべきものが多くあります。

自分好みのものを選ぶことはもちろんですが、卒業式前日になって、
足りないものに気づいて慌てることのないように
準備物に不足がないか確認することが大切です。

美容院の予約にしても、基本的には先着順ですので早めに連絡しましょう。
大学生協などで紹介制度がある場合もあります。
事前に確認しておきましょう。

社会人としての基本的なマナーを勉強しておくことをおすすめします。

正しい敬語の使い方や、話し言葉・書き言葉の知識は早めに勉強しておいて損はありません。
パソコンの扱いやWord、Excelといったビジネスでよく使われるソフトの扱いに慣れておくのもよいでしょう。

また、職種によっては、「入社前に資格を取得してほしい」、「専門知識について学んでおいてほしい」
という企業もありますが、その場合は、採用や教育の担当者から指示があるはずです。

少しでも専門的な知識を勉強しておきたい!という方は、
一度、内定先に確認してみるのが良いでしょう。

最後に、社会に出てから成功し続けていくためには、「学習の習慣」、
特に「読書」の習慣を身につけておくとよいでしょう。
自由に使える時間が多い学生のうちに様々な本、特に時代の風雪に耐えてきた
「古典」と呼ばれる本に親しんでおかれることをおすすめします。

以下に知っておくとよい敬語を紹介します。
紹介しているもの以外にも敬語はあるので、勉強することをおすすめします。

・いる
→いらっしゃる、おいでになる(尊敬語)
→おる(謙譲語)

・行く(訪ねる)、来る
→いらっしゃる、おいでになる、お越しになる(尊敬語)
→参る、上がる、うかがう(謙譲語)

・言う
→おっしゃる(尊敬)
→申し上げる(謙譲)

・知る
→ご存知です(尊敬)
→存じる、存じ上げる(謙譲)

・聞く
→お耳に入る(尊敬)
→うかがう、承る、拝聴する(謙譲)

・食べる、飲む
→あがる、召し上がる(尊敬)
→いただく、ちょうだいする(謙譲)

入社後に使用する可能性が高いExcelやWord、PowerPointなどのPCソフトを扱えるようになりましょう。

大学の講義の中で教わる操作方法は基礎的なものです。
仕事を進めていく上では、それ以上の知識が必要となることもあります。

仕事内容によってどのソフトを頻繁に使用するかは異なりますが、
PCソフト、特にMicrosoft Officeの「Word」「Excel」「PowerPoint」などは
基礎的な操作ができることが前提で仕事が始まります。

以下にMicrosoft Officeの基礎的な操作を学べる参考書を紹介します。
「Word」「Excel」「PowerPoint」の基本的な操作を例題によって基礎から学べる構成になっています。
実習問題をスムーズにクリアできるようになれば、入社時に求められるスキルに到達していることでしょう。

30時間アカデミック 情報リテラシー Office2016(224P 実教出版)
杉本 くみ子(著)、 大澤 栄子(著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4407340231/

また、タッチタイピングができたり、ショートカットキーを扱えたりすると
対応時間の短縮につながります。
時間のあるうちに練習する時間を設けるなど、PCスキルを向上させましょう。
使えると便利なショートカットキーの一部を紹介します。

・Ctrl+C:コピー
・Ctrl+V:貼り付け
・Ctrl+X:切り取り
・Ctrl+P:印刷プレビューを表示
・Ctrl+S:保存する
・F6:ひらがなに変換
・F7:全角カナに変換
・F8:半角カナに変換
・F9:全角英数字に変換
・F10:半角英数字に変換

英語と並び、社会人が身に付けるべき基礎的なスキルとしての側面が強まっているのがITスキルです。
ITを業務に生かすための基礎知識として、下記の資格取得をおすすめします。

▼マイクロ オフィス スペシャリスト(MOS)
ExcelやWordなどのマイクロソフトオフィス製品の使用スキルを証明できる資格です。
http://mos.odyssey-com.co.jp/index.html

▼ITパスポート試験
経営戦略、マーケティング、財務、法務など経営全般に関する知識をはじめ、
セキュリティ、ネットワークなどのITの知識、プロジェクトマネジメントの知識など
幅広い分野の総合的知識を問う試験です。
https://www3.jitec.ipa.go.jp/JitesCbt/index.html

▼情報処理技術者試験
ソフトウェア業界・情報処理サービス業で役立つ資格です。
基本情報技術者試験やITパスポート試験など12の試験があります。
https://www.jitec.ipa.go.jp/

▼CompTIA
IT業務における実践力、応用力を評価する認定資格です。
https://www.comptia.jp/

「働く」という言葉に対してみなさんはどのようにお考えですか?
働くって大変そう・・・というマイナスイメージの方も多いかもしれませんね。

アイバックでは、
『「傍(はた・周囲)を楽にする」から「働く(はたらく)」
働くことで、人や社会の役に立ち自分自身を成長させる。』 と考えています。

自分のためではなく、ほかの人のためになにかをすることが仕事です。
誰かを楽にさせる、誰かに優しくすることが仕事だと思うと気が少し楽になりませんか?

一方で、「責任」は必ずあります。
「自分のしたこと・やることに責任を持つ」ということは、
社会人として、今までよりさらに意識しておきましょう。

読書の習慣をつけましょう。
「社会人になってからの勉強は読書」と言われているほど、本を読む習慣は大切です。
読書を通じて、下記のような問題解決のための知的能力を身につけましょう。

・社会や政治、経済に関する基本的な知識
・目的に沿った情報を取捨選択する力
・論理的な思考力
・雑多な問題を整理する力
・物事を批判的に検討する力

本の形に整理された問題提起は
みなさんに新しい知識と、興味と、考える機会を与えてくれます。
また、頭の健康を意識して良書を読むこと、考えながら読むことが力になります。

今の自分には少し難しいと感じる本を読みましょう。
速度はゆっくりでも、一冊の本をしっかりと読むことで、
一冊一冊読み終える度に、それはみなさんの知的な蓄えになります。

次に目標を設定して計画的に行動し、1日の終わりに振り返り、
日記などの記録につける習慣を身につけましょう。

身につけば就職活動に限らず非常に頼もしい強みになるでしょう。

社会人の一日をイメージしてみましょう。

・睡眠:6〜8時間
・仕事:10時間
 -実働:8時間
 -就業前の準備や就業後のタスク・スケジュール整理:1時間
 -休み時間:1時間
・通勤退勤時間(往復):1〜2時間
・食事、入浴、身支度:1時間

上記のとおり、社会人になると、
仕事に関連する時間が生活の大部分を占めるようになり、
一日の中で自分で時間を完全にコントロールできる時間は2〜3時間程度。
仕事が長引いたり、家庭での家事・雑事も行えば、更にその時間は短くなります。

充実感や楽しさをほんのわずかな自由時間に求めるということもひとつですが、
一日の大半を占める仕事にやりがいを感じ、苦しさや悔しさも味わい、
人間として成長をしていくことが求められます。

社会人として生活をし、社会貢献をする、他者の役に立つということを通して、
精神的・物理的、両方の豊かさを手に入れることを目指していただきたいと思います。

社会人になって結果を出している人(精神的・物理的に豊な生活を送っている人)
とそうでない人の差は、以下のことから生まれています。

・一見「当たり前」のように感じる基本的なことがしっかり出来ているかどうか
・自分にとってベストな生活を習慣化し、楽な方に流れないように強い自制心でコントロールしているかどうか
規則正しい生活を習慣化するために、まず、ご自身の生活パターンを把握しましょう。

<例>
・アルバイトがある日
・サークルがある日
・その他の日

次に、それぞれのパターンにおいて、下記のことを決めることをおすすめします。

・起床、就寝時間を決める
・通学前にやることを決める
・帰宅後にやることを決める
・就寝前にやることを決める

この「やること」は、ごく小さなこと(例えば、「寝る前に机の上を片付ける」など)で構いません。

生活パターンを把握し、やることをピックアップしたら、
それらを定型スケジュールに落とし込み、まず、3週間続けることを目標に実行に移しましょう。

規則正しい生活を送る土台を今のうちに作っておくと、社会人としてうまく時間をつかえるようになります。

様々なことを考慮したうえで、無理のない暮らしができる家がよいでしょう。
特に入社してしばらくは慣れない社会人生活にクタクタになってしまうこともあるでしょう。
生活リズムを整えるには、日々の食事や買い物のしやすさも重要です。
習い事をする人は、仕事帰りの通いやすさもあるとよいかもしれません。

そういったこともふまえ、通勤手段はなにがよいのか、通勤時間はどのぐらいがよいのか
ある程度の許容範囲を決めましょう。

また、家を決める際、写真で見るだけでなく実際に訪れることをおすすめします。
行ってみないとわからないことや、周囲に何があるのかなど事前に確認することができます。

人事の方に相談してみるのもよいでしょう。

以下のことを準備しておくとよいでしょう。

・入居の手続き
ガスや水道、電気などは使用する前に手続きが必要です。
新居での生活が始まる前に手続きを済ませ、いつから使用できるのか確認しましょう。

・家の周囲に何があるのかを確認
特にスーパーや病院などは事前に調べておくことをおすすめします。

・もしものときに備える
体調を崩してしまうと買い物に行けないということも考えられます。
薬や保存のきく食糧、水などを常備しておくと安心です。

・起床、就寝時刻を決める
一人暮らしはご自身で生活リズムを整えることが必要になります。
ついつい夜更かしをしてしまい、寝坊してしまう…
ということにならないよう気をつけましょう。

計画を立てて行動する習慣と、整理整頓の能力です。
「5S(ゴエス、ゴーエス)」という言葉を聞いたことがありますか?

整理(Seiri):いらないものを捨てること
整頓(Seiton):決められた物を決められた場所に置き、いつでも取り出せる状態にしておくこと
清掃(Seisou):常に掃除をして、清潔に保つこと
清潔(Seiketsu):上の3S(整理、整頓、清掃)を維持すること
躾(Shitsuke):決められたルール・手順を正しく守る習慣をつけること

社会人になって先輩社員のデスクとその人の行動を見てみると、
いつもデスクに書類が山積みでごちゃごちゃした中で仕事をしている人は、
探し物をしている時間が長く、仕事の効率も悪く、
いつもデスクがきれいな人は、効率的に仕事を進め、判断にかけるスピードも速い
といった特徴に気付くことがあるかもしれません。

今のうちからこの5Sを意識することで、効率よく仕事ができる人になるための第一歩を踏み出しましょう。

以下のものを用意しておくとよいでしょう。

・筆記用具
ボールペンはインクがでるか事前に確認しましょう。
マーカーや赤や青などのカラーボールペンがあると便利です。

・メモ帳
小さいポケットサイズのものを1つ持ち歩く習慣をつけておくとすぐにメモができます。
また、メモをノートにまとめ、振り返るとよいでしょう。

・腕時計
カジュアル過ぎないものを選びましょう。
また時刻の確認がしやすく、シンプルなデザインのものがよいでしょう。

・名刺入れ
派手過ぎないシックな物にしましょう。革製のものがおすすめです。
色はベーシックに、黒や茶、紺を選ぶのがよいでしょう。
また、使いやすく、ご自身の名刺といただいた名刺とが収納可能なものをおすすめします。

・パソコン
仕事内容によってはパソコンも今のうちから用意しておくとよいでしょう。

入社前に通勤の予行演習をしましょう。
経路の確認だけでなく、入社後の通勤時間と同じ時間に実際に向かってみることをおすすめします。

車通勤の場合、通勤時間はどの道も混む傾向にあります。
朝はどれだけ時間がかかるのか、
渋滞を避けるために出発時間は何時がよいのかなど、事前に把握しておくと安心でしょう。

公共交通機関を利用しての通勤の場合は、もしもの場合に備えて
複数の経路を確認しておきましょう。

計画を立て、スケジュール管理をしっかりと行いましょう。

就職活動でも卒業論文の提出でも、期日を守ることが重要です。
特に卒業論文の提出が遅れると、卒業要件を満たしていないとみなされ
卒業ができなくなる可能性もあります。

就職活動は日程が事前に決まっているとは限りません。
急に企業訪問の予定が入ることもあります。
「○日までに△△を作成」「○日までに完成」など明確にしておくと、
急なスケジュール変更があっても何を調整すべきか分かりやすくなります。

学校のプログラムやゼミによって異なりますが、主に下記のようなことを対応します。

・作成時期や書き方を確認
・論文テーマを決定
・内容、構成を検討(教授と相談、ゼミのグループで話し合い)
・論文作成
・中間発表
・論文作成・修正・確認
・完成
・提出(紙またはデータ提出)
・発表準備(PowerPointの作成や発表内容まとめ)
・卒論発表

具体的な内容や流れは担当教授やゼミ内で確認してください。
早めに先輩に聞いておくのもよいでしょう。

ただ論文を書いていくだけでなく、内容を相談したり、発表したりとさまざまな過程があります。
対応時期にもよりますが、就職活動や内定先での研修、資格の勉強、入社の準備などで
十分な時間が確保できない場合もあります。
できるだけ早めに着手し、計画的に進めていきましょう。

卒業論文は必ず期日までに提出しましょう。
また、就職活動でも期日までにエントリーシートや課題の提出が
求められることがあります。
何かを提出する際のポイントとして下記を確認しておきましょう。

・必ずバックアップを取っておく
→作成中は適宜保存をしながら進め、バックアップをとっておくことをおすすめします。
また、大幅な内容の追加・変更がある場合は、変更前のデータも保存しましょう。
例:パソコン上に保存、USBで保存

・体裁を整える
→タイトルや名前の記載の仕方、フォント名や文字サイズに指定がある場合もあります。
誤字脱字の確認と合わせて、体裁が整っているかも確認しましょう。

・提出場所、提出方法を確認
→学校によって異なりますが、提出場所が決まっていたり、
提出するために他の書類が必要だったりということがあります。
事前に確認しておきましょう。

・早めに印刷(紙での提出の場合)
→締切間近での学校の印刷機はとても混み合います。
早めに印刷、またはコンビニで印刷など色々な手段を考えておくとよいでしょう。

お世話になった方々へお礼の挨拶をしましょう。

大学の教授や職員の方々、アルバイト先でお世話になった方などへ
卒業時に感謝の気持ちを伝えましょう。
可能ならば卒業後、居住地域や仕事内容などを簡単に伝えておくとよいでしょう。

時間が取れないなど直接報告できない場合は手紙を出しましょう。

また、就職先によってはOB・OG訪問をしたいという後輩もいるかもしれません。
キャリアセンターへも就職先を報告しておくとよいでしょう。

一般的には就職活動終了後〜春休みにかけて行く方が多いと思います。
ご自身の都合や授業などを考え計画を立てましょう。

また、内定先企業の懇親会や研修と被らないように注意しましょう。
内定後、担当者に今後の予定を聞いておくのもよいです。

せっかくの旅行なので、よい思い出にできるようはしゃぎすぎないように気をつけましょう。
社会的に快く思われない行動が過ぎると内定を取り消されることにもなりかねません。
(SNSへの投稿内容も注意)
社会人になるという責任を持ちつつ、節度をもって楽しみましょう。

3月は引っ越しシーズンになり、引っ越し業者も予約がいっぱいで値段も高騰します。
現在の住まい、新居の契約状況等にもよりますが、
できるだけ早めに引っ越ししておくとよいでしょう。

卒業論文や卒業研究の状況にもよりますが、2月以降学校に行く機会も少なくなると思います。
Uターン等で実家に戻る方や同じ都道府県内での引っ越しの場合は、
2月中または3月頭までに引っ越しの段取り、準備を進めておきましょう。

また、企業によっては、配属先の発表が直前ということもあります。
配属先の地域はある程度絞ることができると思うので、
事前に住む家を調査し目星を付けて、部屋の片付けを進めておきましょう。

頑張って使ってみることが習得への近道です。

習得のポイントは以下の3つです。

1.下記の基本をおさえる
2.相手を敬う気持ちを持つ
3.失敗しても慣れるまで使う

敬語の種類について確認しましょう。
下記のように大きく3種類に分けられます。

------------------------------------------------
尊敬語:目上の人、聞き手の動作や状況について話す場合に使います。
相手を高めることで敬意を表します。
謙譲語:自分、身内の動作や状況について話す場合に使います。
自分側がへりくだって話すことによって敬意を表します。
丁寧語:言葉の身なりを整える言葉です。「です」「ます」がこれにあたります。
------------------------------------------------

これらを状況によって使い分けることが、上手に敬語を使う上で重要となります。
状況に応じた言葉遣いができるよう、普段から意識してください。

    

PICK UP

今チェックしたい内容をお伝えします。

詳細はこちら




Favorite

気になる記事、よく見る記事をお気に入り登録して就職活動に役立てましょう。

お気に入り登録した記事を見る