就職活動Info

PICK UP

今お届けしたい情報をお伝えします。(毎週月曜日更新)

アイバックでも相談を受けつけています。

「企業研究はどのように進めたらよいか」や
「今の時期は何をしたらよいか」といったことから、
「どこに相談したらよいかわからない」、「何を相談したらよいかわからない」
といったことがあればお気軽にお問い合わせください。

お話をうかがい、相談先の提案やアドバイスをさせていただきます。

▼IBAC相談コーナー
https://www3.ibac.co.jp/2023/regist/top.jsp

今後の進路や就職先を決めることは、人生において大きな出来事となります。
「家族に話しておいたほうがいいのか」「話さなければならないのか」と迷うこともあると思います。

しかし、就職活動を支えてくれる一番の味方は家族だと考えます。また、家族は人生の先輩でもあります。
自分の将来について少し話をしてみるのはいかがでしょうか。

家族に話すことで、人に話す練習にもなります。
自分の中だけで解決をせず、誰かに話すということで新しい発見があったり、
よいアドバイスをくれたりすることもあります。

また、大切な企業からの大切な連絡を素早く共有してもらうためにも、
受験先や内定先情報は家族と共有しておくことをおすすめします。

地元を離れて大学へ通っている方は、
長期休暇等で帰省をして家族と過ごす方も多いと思いますので、ぜひ機会を作ってみましょう。

試験を受けた後に、落ちてしまったため、民間での就職活動を始めた場合、
「公務員試験を受けていた」と正直に話してもよいと思います。

ただ、企業側からは「今後も公務員目指す予定はあるか」と聞かれるでしょう。
公務員を目指していた人は、一度民間企業に就職しても、
再度試験を受けて離職する可能性が考えられるためです。
多くの企業では、採用した以上長く働いていただきたいと思っています。

正直に自分の気持ちを伝えることが一番ですが、
「公務員試験を受け続ける予定」と答えるのは控えたほうがよいでしょう。

また、公務員試験を受ける前に民間も並行して受けている場合、
「公務員試験を受ける予定」というのはあまり言わないほうがよいでしょう。
その人を採用しても、内定辞退される可能性が高いのでは、
という印象を企業側に与えてしまう可能性があります。

学生には企業を選ぶ権利がありますが、一度企業側の気持ちも考えてみることで、
どういう人を採用したいと考えているかが見えてくるでしょう。




お気に入り情報

気になる記事、よく見る記事をお気に入り登録して就職活動に役立てましょう。

お気に入り登録した記事を見る