就職活動の全体像を掴む

就職活動を始める前に、就職活動の全体像を掴むことが重要です。
基本的なスケジュールと併せて「就職活動用語」も覚えましょう。

4月〜 【大学の就職活動セミナー】
大学3年生・大学院1年生対象の「就職活動セミナー」が大学で開かれます。このセミナーでは、就職活動の基本的な流れ、企業の動き、就職活動を行う上での注意点の説明がありますので、必ず参加しましょう。

【就職サポートサイト】
毎年4月〜6月には、新規卒業学生対象の「就職サポートサイト」がオープンしますので、ぜひ会員登録をしましょう。 企業情報が多数掲載されているので、情報収集を行う際に大活躍します。
現在大学3年生・大学院1年生の方へは「IBAC Career Web 2019」、大学4年生・大学院2年生の方へは「IBAC Career Web 2018」への登録をお願いしています。 上記のサイトを訪れて、先輩たちがどのように就職活動を行っているかのイメージを掴みましょう。
8月〜 【インターンシップ】
インターンシップとは、主に夏休みや春休みを利用して関心のある企業で就業体験を行うことをいいます。 就職活動前にインターンシップに参加することで志望分野の仕事内容や自分の職業適性を知ることができるため、就職後のミスマッチを防ぐことができます。
インターンシップ参加学生に賃金を支払うかどうかは企業によって異なります。インターンシップに参加する場合は賃金の支払を目当てとせず、「社会勉強」と思ってご参加されることをおすすめします。
10月〜 【チャレンジ・エントリー】
チャレンジ・エントリーすることで、各種情報配信を受けられます。企業研究/業界研究/インターンシップなどにお役立てください。
12月〜 【チャレンジ・フォーラム】
アイバックが主催する「チャレンジ・フォーラム」は、企業の担当者と1対1でコミュニケーションをとることができる画期的な仕組みの合同企業説明会です。 フォーラムでインターンシップの予約をしたり、各業界の特徴について研究しましょう。
3月〜 【エントリー】
エントリーとは、その企業に対して「就職候補先として関心を持っていることの意思表示をする」ことをいいます。
新規卒業学生対象の各社のエントリー受付は、主に就職情報サイトを通じて3月より開始します。

【合同企業説明会】
合同企業説明会とは、さまざまな企業が一同に会し、会社説明を行うことをいいます。一日で複数の企業の話を聞くことができるので、業界・企業研究を行うためにも積極的に参加しましょう。

【フォーラム】
アイバックが主催する合同企業説明会「フォーラム」は、企業の人事担当者と1対1でコミュニケーションをとることができるイベントです。各企業の単独会社説明会の予約をしたり、各企業の特徴について研究しましょう。

【OB・OG訪問】
OB・OG訪問とは、自分が在籍している大学の先輩社員を訪ねて、仕事内容や職場の雰囲気について教えてもらうことをいいます。 OB・OG情報は、大学のキャリアセンターに問い合わせるか、直接企業の人事担当者に問い合わせてみましょう。
訪問後は、感謝の気持ちを込めてお礼状又はメールを出しましょう。

【企業の単独説明会】
会社概要や仕事内容を学生に伝え、自社に興味を持ってもらうために各社が独自に開催します。
選考を受験するには説明会への参加が必要な場合もあります。また、説明会の場でエントリーシートの提出や筆記試験、面接が行われる場合もありますので、参加前の準備を怠らないようにしましょう。
4月〜 【選考】
一部の早期から活動開始している企業の選考が始まります。
選考には、一般常識テスト、適性検査、作文等の筆記試験や、グループディスカッション、集団面接、個人面接等の方法があります。
就職後のミスマッチを防ぐためにも、疑問に思っていることは面接の際にしっかりと質問しましょう。
6月〜 【内定】
ゴールデンウィーク前後より、一部の早期から活動開始している企業の採用内定が出始めます。
内定した企業についての不安や質問があれば、内定先企業や大学のキャリアセンターに問い合わせましょう。
また、倫理憲章共同宣言に加盟する大手企業の選考・内定が始まります。

>>このページのトップに戻る